読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっちゃんのメガトンパレード

節約ネタから話題の商品、専業主夫の日常などなど

親からされた躾(しつけ)は自分の子どもにも伝染する?負の連鎖にも気を付けたい。

f:id:fenrir8:20160113184107j:plain

こんにちわ。おっちゃんやで。

なんか久々の更新になるけど、実は以前の記事

bchannel.hatenablog.com

で書いたミニ四駆にハマってしまって、おっちゃんながら大会に出たりしてたんやで。200km以上も離れた実家に20年前のミニ四駆を取りに行ったりそれはもう忙しかったんや(笑)

・・・まぁ、そんなことはどうでもいいわな。

 

最近おっちゃんは、実家の両親と話す機会が多くなってきたんやけど、話す度に思うのは「やっぱり家族ってどこか似ているなぁ」ってこと。

話し方やちょっとしたしぐさなんかも似てくるのな。

 

 

お残しは許しまへんでー! 

 

思い返したら似ているところってたくさんあるけど、特に似ていると思うのが「子供に対するしつけ」な。

うちの両親って農家もやっているから「食べ物を粗末にするな」っていう気持ちが人一倍強いんや。具体的に言うとご飯粒残しただけでキレるくらい

おっちゃんが子どものころからそんなだから、おっちゃんはもうご飯1粒までキレイに食べるのが普通だと思っているのな。糖質制限?何それ?

おっちゃんの娘や息子は(まだ3歳や1歳だから当然なのかもわからんが)食べ方もポロポロこぼして汚くするし、ご飯粒なんかはまぁ普通に残しちゃってたわけや。

でも子供だろうとおっちゃんは容赦しない。食べ残しがあったら怒って食べさせるし、それでもプイッっとそっぽを向いて食べようとしない(子供ながら反抗してくる)ときは、手が出てしまうこともあったな。

怒ってるばかりって誤解されそうやから言っておくけど、上手に食べられたら「えらいなー!お父さんよりもでかくなれるで!」なんて褒めちぎってるんやで。

 

 

無理せず食べれるだけ食べなさい 

 

一方嫁は都会生まれの都会育ち。ウルトラ5人兄弟のおっちゃんとは違い、一人っ子。小さいころからピアノやら新体操やら習い事なんかもしていてな、まぁアレや。いわゆるお嬢様育ち(おっちゃんから見ると)なんやで。

彼女の親も一人娘が可愛いからかもしれんけど、嫁に対してだけじゃなく、おっちゃんや娘たちにも「残してもいいから、食べれる分だけ食べなさい」っていうスタンスなんや。

嫁も「無理やり食べさせると食事が嫌いになっちゃうから」って言う理由でご飯残しても怒らないのな。いや、嫁のしつけもありだとは思うで。

でもおっちゃんは覚えているで。嫁に出会ったころ、彼女は背中丸めて箸も変な持ち方してたし、しょっちゅうポロポロこぼして食べてた。おまけにご飯粒たくさん残してたことを。

 彼女からしてみれば、きっとご飯粒なんかは残すのが普通やったんやろな。

 ご飯粒、ご飯粒って小さい男やなーって思われそうなんでこの辺で自重(笑)

 

 

子どもはしっかり使い分ける

 

話を戻して、こんな相反するしつけのやり方だと、やっぱり子ども達は混乱しちゃうと思うんやけど、実際そうでもなくてな、子どもなりにうまく使い分けているんだわ。

  • 子どもだけで=食べ残しあり
  • お母さんと=食べ残しあり
  • お父さんと=食べ残し無し
  • 両親と一緒に=食べ残し無し

こんな感じで、今はおっちゃんと食べるときは「食べ残しなし」でキレイに全部食べてくれる。でもこれって、おっちゃんに怒られるのが嫌なだけなんだよな。

「はっぱ(野菜)が泣いてるよ!」って良心に訴えたり「肉がオバケになるぞ!」なんて脅かしたりもしていたんやけど、おっちゃんがいない所じゃ食べ残しすることから効果は薄かったみたいやな(笑)

まぁじきに感謝とか料理の手間とかも考えられるようになって、食べ残ししなくなると信じているけどな。一般的な家庭と違って、基本的におっちゃんが子育てしてるからな。

 

 

虐待も連鎖する ?

 

とまぁ、親から受けたしつけは自分の子どもにも受け継がれていく可能性が極めて高いって話なんやけどな、これな、虐待なんかもそうみたいやで

おっちゃんの友達の話なんやけどな、虐待っていうのかな、「言うことを聞かないと一晩家に入れてもらえない」とか「テストの成績悪かったら学校の教科書破り捨てられる」なんていう人がいたんや。しょっちゅう新しい教科書先生からもらってたわ。

そいつは昔こう言ってたで「俺、あんなことした親が大っ嫌いだ。だから自分に子供ができたら絶対にこんな目にあわせない!」ってな。

そんな彼も、ずいぶん前に結婚して子どもも小学高学年になってな。今は離婚してシングルファザーとして娘さん2人を育てているんや。父親主体の子育てが気になって、どんな教育法してるか聞いてみたら、「テストの成績悪かったら夜10km×1か月走らせる(雨天決行って。

おっちゃん少しショックやったで。それとらえ方にとっては体罰やん・・・。あんたのしてることは自分の親からされていたことと違うんか。ってな。教育に正解はないと言われてるけど、少なくとも似た教育法やでそれ。って思ったな。

 

 

親の嫌いなところは自分の代で終わらせよう

 

おっちゃんが思うに、結局のところ誰でも親に似てしまう可能性があるんやと思う。それも親の事を好きか嫌いかなんて関係なくな。嫌いなところもある程度コピーして自分の子どもに伝えてしまうんやろな。全部とは言わんけど確実にその傾向はあるで。

育児放棄気味なら育児放棄気味に、スパルタ気味ならスパルタ気味に・・・きっとそれは受け継がれるで。

ただ、負の連鎖的なものを止めることができる人も確実にいると信じてるけどな。強い意志が必要なのか、周りのサポートが必要なのかはまだわからんけど。

そんなわけで、おっちゃんは親は責任をもって子育てをしなくてはいけないと思うんやで。孫やひ孫なんかにも(今はまったく考えられんけど)影響していく可能性があるもんな。

おっちゃんは別に親のことは嫌いじゃないけど、これはあかん!っていうことはおっちゃんの代で止めてみせるで!

 

うまくまとめられていないけど、今回は久しぶりの更新ってことで勘弁してちょうだい(笑)

ではでは。またのう!