読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっちゃんのメガトンパレード

節約ネタから話題の商品、専業主夫の日常などなど

2日で終了!パンツで始めるトイレトレーニング

子育て おっちゃんの過去

こんにちわ。おっちゃんやで!

昨晩0時過ぎにな、ドタドタドタ!ってものすごい音が聞こえてきたんや。イノシシでも侵入してきたかと思ってな。恐る恐る廊下を見に行ったら娘がトイレの前で足踏みしていたんや。(ちなみにうちは親子一緒に寝ないアメリカンスタイルをとっているんやで)

娘は何かに憑りつかれているかのような鬼気迫る表情で超高速足踏みしていてな、何かシュールやけど普通に怖かったで。

察しの通り足踏みの理由は「おしっこ」な。おっちゃんの存在に気付くなり「おしっこーおしっこー」と叫ぶ娘。しかしトイレの中に入ろうとしないんや。

もう夜中だしトイレには行かないだろうということで、おっちゃんがトイレの照明を消していたから、暗闇のトイレに怖くて入れなかったんやろな。

おっちゃんは慌てて「ちょっとまて!ちょっとまて!」となだめつつトイレの照明を付けてやったんやけど、時すでに遅し。

娘の刻んだ16ビートの足踏みはクライマックスを迎えついにピタリと止まる。

娘はウンディーネへなってしまっていた。

f:id:fenrir8:20160128030006j:plain

 

 

3歳からのトイレトレーニング 

と、前書きが長くなってしまったけど、今回はトイレトレーニングの話。

実はうちの娘は3歳になってもオムツが取れない子だったんや。2歳くらいからトイレトレーニングを始める家庭が多いみたいやけど、その頃おっちゃんは働いていたし、うちの嫁はトイレについてはいつか自分で覚えるでしょ。っていうスタンスだったから3歳を過ぎてもトイレに1日に1回も連れて行かないとか日常茶飯事だったんやで。

さすがにおっちゃんはこれはマズいと思ってな、幼稚園にも行かせたいから教えなアカンってことで。子育てを主導でするようになってからいろいろやってみたんや。

頻繁にトイレに連れていくっていうのが一番大事っていうのは知っていたから勿論実践してみたし、それに併用してトイレトレーニングようのグッズなんかも試してみたんやで。

 

トレーニングパンツ

まずは定番の「トレーニングパンツ」な。

これはおしっこをしてしまった時に「おしっこしてもサラサラ!蒸れない」っていう通常のオムツとは反対で「濡れている不快感」を感じてもらうためのオムツなんや。

そのほかにも、おもらしすると「泣いているパンダさん」のプリントが浮き出てくる仕組みなんかもあって「パンダさんを泣かせないように頑張る」っていう良心を利用したパンツもあったで!

オムツ状のものからパンツに張り付けるタイプのものまであるんやで。

でもこれはうちの子には効果が無かったわ。

うちの姫様は不快感に鈍感なのかもしれん。お漏らししても何食わぬ顔して遊んでいらっしゃった。

 

トイレトレーニング用DVD

次に試したのが「トレーニング用のDVD」な。

これは子どもの好きそうなキャラクターが「トイレは楽しいところだよ!みんなもやってみよう!」的な内容のアニメDVDなんやけどな。まぁYouTubeなんかでも見れるからDVDまで買う必要なんてないと思うわ。

これも効果は感じられんかった。

何度も食い入るように見てくれるのだけど、実践はしてくれない。

DVDを見ながらお漏らしをしてしまう始末。

トイレ用にスタンプカードも手作りしてやった。「トイレに行けたらシールを貼ってあげます」的なやつな。

そんなことをしてもトイレ=用を足す場所っていう感覚がわからなかったみたいや。

 

自分がトイレを覚えたきっかけを思い出せたら楽なんやけど、さすがにそれは無理やった。

途方に暮れておっちゃんのオカンに電話してみたんや。

・・・なるほど、おっちゃんは最終手段にでるで。

 

オムツをつけない

それはオムツを普段から着用している子どもにとっては未知の領域。

オカンに聞いたところだと「オムツ履かせなきゃ大抵覚える」とのこと。

「パンツ買いに行こう」と不敵の笑みで娘を西松屋(子ども服屋さん)に連れていき、自分でパンツを選ばせたんや。きっと自分で選んだパンツのほうが愛着わくしな。

娘は微妙なセンスのパンツを手に取って「お姉ちゃんになるー!」と、とても喜んでいたで。

家に帰り、部屋の床に濡れたらやばいものは無いことを確認して、いざ装着。

見守ること数時間。ついに娘が成長を見せてくれたんやで。

「おしっこ!おしっこでるー!」

我が子の成長に涙がでそうになったけど、急いでトイレに連れていく。

子供用便座にのせてやると「ポチャン、ポチャン」と用を足し始めた。

 

娘よ、生まれて初めてのトイレはどうや?

でもそれはおしっこじゃなくてうんこなんやで。

 

そこからの急成長

そんな感じで人生初のトイレでうんこができた娘は、2日ほどでおしっこもトイレでできるようになったんや。逆に言えば2日くらいは、いろんなところに水たまりを作って、まさにウンディーネラッシュやった。

それでも1週間後には自分でトイレの便座に子供用便座を設置して、自分でお尻を拭くってこともできるようになったんやで。(おっちゃんが仕上げに拭いてあげてるけど)

ちょっと強引なやり方だったかもしれんけど、子どももオムツが無いなら無いで成長するんやな。

それからもう一つアドバイスしておくと女児のパンツは「上下や 前後がわかりやすいもの」を選んだほうがいいで。前後間違って履いてしまったり、足を入れるところにお腹を入れたりしてしまうからな。うちの子は今でも頻繁に間違ってるから要注意やで!

 

ってわけで、もし子どものオムツが取れなくて悩んでいる人は是非とも思い切って「オムツをはかせない」トイレトレーニングを試してみてほしいで!

これからトイレトレーニングを始めるお子さんがいる人なんかも、頭の隅っこにでも入れておいてちょうだいな。

 

 

今回はここまで。またのう~。