読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おっちゃんのメガトンパレード

節約ネタから話題の商品、専業主夫の日常などなど

ド田舎あるある~ビルを見上げたら~

おっちゃんの過去 面白ネタ

まいど!おっちゃんやで!

 

みんなは「田舎」と「都会」どっちが好きや?

 

おっちゃんは今は東京(車とか必要ないくらいの都会)に住んでいるんだけど、実は「田舎で暮らしたい派」なんや。

一方嫁は都会で暮らしたい派。というか「田舎では暮らしたくない派」な。

意見が対立してるんやけど、おっちゃん的には別に都会で一生を終えてもいいとは思っているんやで。

 

 

でも!

 

でもでもっ!

 

それでも田舎が恋しいっ!

 

そんなわけで今回はこの想いを「田舎あるある」として、書いていくで~! (田舎にも色々地域的な特徴あるだろうから、おっちゃんの田舎の話しな!)

f:id:fenrir8:20160304025448j:plain

 

 

イケてるカップルはイオンでデートや!

f:id:fenrir8:20160304230922p:plain

↑これくらいの小さいイオンな。

おっちゃんの地元でカップルが集まる場所。リア充の巣窟。それがイオン。

「イオン」って聞くと「イオンモール」を想像する人が多いと思うけどソレじゃないで。普通の「イオン」やで。(スーパーの上に雑貨売り場があるくらいのやつな)

おっちゃんの時代は「イオン」じゃなくて「ジャスコ」って名前だったんだけどな。

まぁイオンもジャスコも同じようなもんや。

「昨日○○君とイオン行ってきてさ~」

「え~!いいなぁ!」

こんな会話が女子高生の間で飛び交っているんやで。

 

そんなところで育ったおっちゃんやから、今でもイオンは大好きなんや。

嫁や子ども達にも「よ~し!今日はイオンに連れて行っちゃおうかなぁ!?」なんて鼻高々に語る始末。

「渋谷に行きたい」なんて嫁は言うけど渋谷ァ!?

あんなとこポッケに手突っ込んで、ガム噛みながらじゃなきゃ歩けんわ!ハイ却下!ハイ次ィ!

 

 

帰宅すると見知らぬばあちゃんが居間で寝てた

 

f:id:fenrir8:20160304030108p:plain

もうこれ都会でこんなんあったら警官出動レベルなんやけどな。ど田舎ではふつうにある。というかあったわ。

謎のばあちゃんは何しに来たのかって、大抵は「大根おすそ分けに来た」とか「テレビの調子が悪くて昼ドラ見に来た」とかやな。

おっちゃんの育ったド田舎では家にも車にもカギかけてないから侵入し放題なわけや。

まぁ誰も悪いことはしないし、したとしてもすぐに疑われるしな。

なによりカギなんかかけてたら「あそこの家はカギをかけてる」って逆に目立っちゃうんだわコレが。

うわー、いややわぁ~。って思った人多いと思う。

でもな!雨が降ったりしたら洗濯物取り込んでおいてくれたりして結構助かるんやで!

ちなみに今でもおっちゃんは家の鍵かけないで出かけたり、車やバイクにキーつけっぱやっちゃうな。何度も隣人さんに「カギつけっぱなしですよ~」と注意されてるわ。

え?そんなんで東京にでてきて車やバイク盗まれたことないのって?

 

・・・あるで。

 

ハイ次ィ!

 

 

通学は中学=ヘルメットチャリ→高校=数時間に1本の電車

f:id:fenrir8:20160304030149j:plain

 

中学生はヘルメットしてチャリ通学や!

都内から離れると(千葉県とか埼玉県)たまに見かけるけど、ド田舎でもそれは鉄板や。

もちろん中学なんて選べるわけがない。一択や!

というか保育園、幼稚園、中学校は基本選べないし、選んでいる人を見たことがないな。小学校だけは一旦2校に分かれるんやけど中学校でまた全員と再開する感じな。おっちゃんの小学校の学年は14人!クラス?そんなものないんやで。

 

高校はさすがに選べるけど「私立高校」っていうのは基本「公立高校に行けなかったひと」が行くところ(しかも県外)って感じで都会の「裕福な家庭が選ぶところ」って感じじゃなかったで。

 

あ~、そう電車な!

おっちゃんのとこの電車は2両でな、車両にトイレもついててな(ここで悪そな奴らがタバコ吸う)特筆すべきは時間や!

AM6時の電車に乗らんと次は11時の電車になるんや!学校に着くのは昼休みも終わった後やで!

乗り遅れたら絶望感に苛まれるやろ?

しかしっ!ここでホワイトナイト(白馬の騎士)の登場やで!

白馬の騎士なんてカッコいいこといったけど、まぁアレや。「軽トラに乗ってる農家のおっさん」や。

地域にもよるんだろうけどそういった近所のオッサンやオバチャンが学校まで乗せていってくれるんやで!ほんとあったかいんだから~やで!え?古い?すまへん。

 

 

ハイ次ィ!

と言いたいところやけど、今日は眠いんでこの辺で終わりや!

 

ん~。なんか他の人から見たら「不便」とか「デメリット」って言われそうやけど、おっちゃんはそういう環境で育ったからなのか、そんな田舎に魅力を感じているんやで。

 

あ、そうそう!

 

最後に東京へ行くおっちゃんにオヤジ(父親)がくれたアドバイスを乗せておくで

 

オヤジ「いいか?東京に行ったら高いビルが無数にある。無数にあるが絶対見上げちゃいかんで?見上げると悪い奴らが田舎人だと悟ってワラワラとお前の元に一斉に集まってくるんや。囲まれたら逃げられへん。絶対に見上げるなよ。」

 

おっちゃんはオヤジに言いたい。「東京のビルはそんな呪いのビデオと違ったで」って。

 

ほな、またのう~!